タオルや石鹸は粗品のような感覚で使えます。

  1. ホーム
  2. タオルや石鹸は粗品のような感覚で使えます。

タオルや石鹸は粗品のような感覚で使えます。

 

他の人に贈り物としてタオルや石鹸を選ぶケースは幾通りかあります。
生活面での一般的な場合では、仕事先の場合人事異動で、
ごく親しいチームの人への心づけという面で選ばれる事があります。
 

仕事場や付き合いのある人へお渡しする場合は快気祝いや、
休暇以外でまとまって休んでしまった後の心づけで渡すという事もまたあります。
このふた通りの場合は受け取る側が負担にならないようにコンパクトなサイズの物で、
パッケージも小降りにおさめるのがポイントです。
パッケージやサイズなどは受け取り側のかなり印象を左右します。
 

人事異動や快気祝いなどの贈答品は慶事の代表というわけではなく、
生活面でのあいさつの延長というくくりになるのです。
この場合に選ばれる多くの品は使い続けてゆくうちに、
なくなってゆくものなので安心して贈答する事が出来る品々でもあります。
 

実はいくつかの留意するポイントがあります。
血縁や近しい立場の人へお渡しする場合は生活で最も使う頻度の高いサイズのタオルや、
浴用で使うサイズの石鹸のセットを選ぶとよいでしょう。
セットのサイズと外装は受け取る方が負担に思わないようにあまり華美ではなく、
実用的な種類を選ぶと持ち帰るのに気を遣う事がなく楽になります。
血縁や近しい人ではない場合はそれほど大きなセットではなく、
ハンディサイズの物を単品で組み合わせて手軽なサイズにまとめてしまう方法があります。
渡す本体や外装も含めたサイズをコンパクトにする事で、
粗品に近い気軽さを印象付ける事が出来るので、
渡す方も受け取る方も、気負わずにやりとりをする事が出来るという利点があります。

ページのトップへ