髪の毛を傷めないタオルでの拭き方

  1. ホーム
  2. 髪の毛を傷めないタオルでの拭き方

髪の毛を傷めないタオルでの拭き方

 

お風呂から上がった後、ゴシゴシと髪の毛を拭く方法をとるのは、実は大ダメージを与えてしまうのです。また、抜け毛にも繋がるというデメリットがあります。濡れた髪は大変デリケートなため、しっかりとした拭く方法を身につける事がダメージヘア改善に繋がるのです。拭き方としてコツが大きく分けて2つあります。まず水分を余分な力をかけることなくとることです。タオルで頭皮を軽く包み込み、指の腹を使って頭全体を優しくモミモミするように拭くことで、十分な水分を吸収してくれます。その際にゴシゴシ擦ってしまうと、キューティクルが剥がれ、水分や栄養が抜けやすくなってしまいます。せっかくのトリートメントの効果が少なくなってしまうのです。次に、軽く毛先をタオルを使って叩くことです。両手で毛先を挟んで水分をとっていってください。手順としては、頭皮を一番最初に乾かしてから上から順番に水分をとっていきます。ある程度乾いた後に、ドライアーを使い乾かしていきましょう。実はタオル選びも大切です。マイクロファイバー素材より、綿素材が理想的であり髪を痛めにくいと言われています。摩擦などの影響を考えると、なるべく素材の中でも綿素材を選ばれるのをおすすめします。最後に、乾かす際において一番大切なのは決してゴシゴシしないことです。そして強く握ることもダメージを与える原因になります。そして拭くというより水気をとるということを意識してください。面倒な事だと思いますが一日一日の積み重ねが大切なのです。

ページのトップへ