今治タオルの由来について

  1. ホーム
  2. 今治タオルの由来について

今治タオルの由来について

 

“愛媛県今治市はタオルの産地として知られていますが、そこで作られたものすべてがあのブランドロゴを冠した商品として流通うしているわけではありません。この産地で作られたものの中から、さらに四国の工業組合がこのブランドのためにもうけた厳しい品質基準をクリアしたものだけがこのブランド名を名乗ることができるのです。
もう今ではさまざまなお店やインターネット通販などでもあのロゴマークを見かけ、それを見ただけであの今治タオルだと認識できるという人も多いでしょう。そんなブランドロゴマークには由来があります。
この品質の良い商品を世界に認知してもらいたいと、この工業組合がブランディング戦略を本格的に始める中で、ほかの名だたる大企業のロゴも手掛けているようなデザイナーに依頼して作ってもらったロゴマークですが、やはり印象的なのは日の丸を逆転したかのような赤いカラーに浮かぶ白い丸のかたちでしょう。
この赤はまさしく情熱の赤をあらわしており、産地で職人さんや地元の人たちが暑い思い出政策していることや、世界からも熱い注目を集めているということをあらわしています。
そして白い色はまさにタオルを表していて、ふわふわのやわらかさや清潔感などをイメージさせます。さらに、作り手からお客様に向けての誠実な気持ちなども表現されています。
そして赤とは対照的な青色もロゴにふくまれていますが、これはこれまでの脈々と受け継がれてきた長い歴史や伝統を表しています。

ページのトップへ