使う人のたたみ方でわかる良い手ぬぐい

  1. ホーム
  2. 使う人のたたみ方でわかる良い手ぬぐい

使う人のたたみ方でわかる良い手ぬぐい

 

日々様々な用途で使われている手ぬぐい、その一枚の布には職人達の様々な思いが詰められています。
まず作るときに使う最適な素材ですが、これは直接肌に触れる物なので吸水力が高いものが良いとされ、
健康面や衛星面さらには肌への影響もしっかり考慮した物として綿が頻繁に使われています。
 

また使用用途上どうしても菌が繁殖しやすいので、最近では菌の増殖を抑える竹繊維という特殊素材が使われており、
この素材はシルクのような手触りで、綿より素早い吸水力な上に自然の素材を使った優しい物なので、
敏感肌の方や赤ちゃんの体を拭く時等に最適です。
 

そしてデザインでも様々な物が職人達によって作られています。
街の発展のためにご当地キャラクターがプリントされた物や、
アニメの聖地として街起こしのために作った物等本来の使用用途は違い、
キャラクターグッズとしての役目を担う事もあります。
 

これら最高の素材、そして様々なデザインの手ぬぐい達はたたみ方によって様々な用途に使う事ができます。
まず最初に挙げられるのが、ご存知の方も多いお祭りの時に使う物です。
お祭りによって手ぬぐいの被り方が違うので、観ていて興味をひかれます。
興味をひかれるという点ではファッションとして使う物も存在しており、
またデザインによっては使用する時のたたみ方でそのデザインが台無しになってしまう事もあるので、
もし自分の好きな柄の物を使いたいのであれば使用用途とデザインの関係性を考慮した物を購入する事をお勧めします。

ページのトップへ