手ぬぐいの首への巻き方について

  1. ホーム
  2. 手ぬぐいの首への巻き方について

手ぬぐいの首への巻き方について

 

手ぬぐいはともすれば一昔前のもの、といったイメージもあるかもしれませんが、
最近ではさまざまなブランドとコラボしたかわいい絵柄のものが登場していたり、
インテリアに使用されたりといろいろな用途で人気が出ています。
 

そんな手ぬぐいのもっともポピュラーな使い方と言えば首に巻くという使い方かもしれません。
庭仕事や畑仕事をするとき、あるいはウォーキングをするときなど、
紫外線からお肌を守りたかったり汗が気になるときなどには最適です。
夏の暑い季節であれば、あらかじめ水で濡らしておいてから巻くという巻き方をすれば、
ひんやり感がアップしてとても涼しく過ごすこともできます。
額の汗も拭きとりたいようなときには左右をだらんと垂らしておいた巻き方のほうが使いやすいですし、
逆に首回りが邪魔になってしまうようなときには2階ほど結んでおくとほどよく固定させることができます。
 

さらに、こうした汗を拭いたりする用途意外にも、オシャレ目的でスカーフ風に首に巻きつけることもできます。
最近では絵柄もカラーもとてもたくさんのバリエーションが登場しているので、
ファッションの着こなしにも一花添えてくれる存在となるでしょう。
巻き方は、一方の辺を三つ折りにして細い棒状にして巻きつけ、サイドでひとつに結びます。
三つ折りにしない方は前側に、もう一辺は後ろ側にたらして形をととのえれば出来上がりです。
また、辺を垂らさずにふんわりとすべて巻きつけスヌード風にしても良いでしょう。

ページのトップへ