背中にタオルを入れて汗を吸い取る

  1. ホーム
  2. 背中にタオルを入れて汗を吸い取る

背中にタオルを入れて汗を吸い取る

 

運動をすれば汗をかくようになりますし、寝ているときなどでもかくようになるでしょう。
それによって体温調節をしていくようになりますので、必要な事と言えます。
汗をかく場所は人それぞれで背中にたくさんかく人もいます。
特に寝ているときなどはたくさんかくようになりますので、風邪を引かないようにしなくてはなりません。
寝返りを打つことが出来ない赤ちゃんが背中に汗をかいたまま放置していると、風邪を引く可能性が出てきますので、
着替えさせてあげるようにするといいでしょう。
 

しかし一日に何度も着替えさせるのは大変です。
赤ちゃんは自分で着替えることが出来ませんので、母親の負担が増えることになります。
そこでタオルを活用するようにしましょう。
赤ちゃんの背中に入れておくことによって、水分を吸い取ってくれるようになりますので、服を着替えさせる必要はありません。
タオルが濡れてくれば、新しいものと取り換えてあげることです。
そうすれば、赤ちゃんもすっきりとした気持ちになる事が出来、機嫌もよくなるでしょう。
 

濡れたまま放置をしていれば、あせもになる可能性が出てきます。
あせもが出来れば痒くてますますぐずることになってしまいますし、赤ちゃんがかわいそうになってしまいます。
自分では何もできない赤ちゃんに代わって、親が気をつけてあげることによって、
心地よい気分で昼寝をさせてあげることが出来るでしょう。
ぐっすり眠ってくれればその間に用事も出来ますので親も楽になります。

ページのトップへ