汗を吸収するタオルの使い方

  1. ホーム
  2. 汗を吸収するタオルの使い方

汗を吸収するタオルの使い方

 

スポーツや屋外での作業で汗をかいた場合、拭き取らずにそのままにしておくのは衛生的に良くありません。
水分と同時に老廃物も排出していますし、あせもなど肌のトラブルの原因にもなります。
また、そのままにしておくと肌がべたついて不快感がのこってしまいますし、排熱機能が低下してしまいます。
肌の上から水分が蒸発していくと同時に熱を排出することが本来の機能の一つなのですが、
肌の上の水分が多すぎて蒸発できないと熱が逃げていかずに体にこもってしまうため危険です。
 

そのため、こまめにしっかりと拭き取ることが大切です。
そこで活躍するのが、給水力の強いタオルです。
ハンカチ、手ぬぐいなどよりも厚みがあるため水分を多く吸収することが出来るのです。
しかし、新品のものは給水力が低いので、一度濡らして乾かす、洗濯するなどしておくとよいでしょう。
汗を拭きとるもう一つの理由として考えられるのは臭いです。
そのまま放置しておくと衣服が悪臭を放ちます。
 

しかし、汗をよく拭きとっても臭いが気になる方には、濡れタオルがお勧めです。
なぜなら、悪臭の原因は皮膚、衣服で繁殖した雑菌や皮脂だからです。
皮膚を濡らしたまま放置しておくとどんどん雑菌が繁殖し悪臭を放ちます。
乾燥したタオルではその雑菌や皮脂を拭きとることは難しいですが、
濡らしておけばそれらを取り除くことが出来るので臭いを防ぐことが出来るのです。
水分を拭き取ることも大切なのでしっかりときつく絞って使用してください。

ページのトップへ