スポーツタオルとは、どのような定義なのか?

  1. ホーム
  2. スポーツタオルとは、どのような定義なのか?

スポーツタオルとは、どのような定義なのか?

 

スポーツタオルは一般的に、60cm×120cm程度のバスタオルまでの大きさはなく、
34cm×85cm程度のフェイスタオルほど小さくない中間サイズで、大きさの「40cm×110cm」程度を基準に区別されています。
程よい長さとマフラーのような幅で首にかけやすいことからも、
ジム通いの方やサッカー・野球・マラソンなど様々な運動をした後に好んで愛用され、全身をしっかり拭けて、
「スポーツ」の際にとても最適な「タオル」ということからそのような名前で呼ばれるようにもなりました。
 

また類似品として、ミュージシャンやアイドルのコンサートグッズとして、こちらもライブ中に首にかけ、
言わばファンの目印のように使われる「マフラータオル」があります。
スポーツタオルとほぼ同じ長さという事もあり、商品自体も店頭などで同じ部類で扱われてることもあり、
「同じタオル」と判断されることが多いですが、見分け方はタオルの「幅」がスポーツタオルの約半分の、
20cm程度の大きさのものがマフラータオルになります。
 

やはり定義としては「大きさ」が大きな判断ポイントになります。
折りたたむことでコンパクトにもなり、広げるとバスタオルに近い長さもあるのが特徴です。
そのことからもスポーツ後の汗をぬぐうタオルとしてだけではなく、旅行の際に何枚も持参したり、子供の部活動に持参させたり、
枕のカバーなどにも便利とされ家庭の内に何枚もストックがあるほど非常に使用用途が高いタオルというのが魅力でもあります。

ページのトップへ