赤ちゃんがタオルを噛む理由とは

  1. ホーム
  2. 赤ちゃんがタオルを噛む理由とは

赤ちゃんがタオルを噛む理由とは

 

子育て中のお母さんの中で、赤ちゃんの癖が気になっている人はいませんか。
特に気になるのは、タオルなどの布を噛む癖がある場合、お母さんはとても気になると思います。
そこで、赤ちゃんがタオルを噛む理由について考えたいと思います。

 

さて、どうして噛んでいるのでしょうか。
理由を考える前に、その癖が始まった時期を考えてみましょう。
この癖が良く見られるのは、だいたい5か月から6か月程のころです。
さて、この時期は赤ちゃんの身体には何が起こっているでしょうか。
注目するのは口の中です。
この時期、口の中では歯が生える準備が始まっています。
つまり、この癖は歯ぐずりの可能性があります。
乳歯が生える際は、痛みやむず痒さがあり、強い不快感を抱きます。

 

この癖と一緒に、機嫌が悪くなったり、激しくぐずったりすることも多いです。
だいたい、歯ぐずりは夜泣きをする時期とも重なるので、お母さんにとっては心配な時期です。
しかし、精神的なストレスが原因というわけではなく、成長中におこる現象なので、あまり心配し過ぎないようにしましょう。
成長してるんだと前向きにとらえることができれば、冷静に向き合うことができます。
歯が生える場所がむずむずするので、頻繁にタオルを噛む姿が見られるようになった場合は、少しでも清潔な布を用意したり、
専用のグッズを使うなどしてみてはいかがでしょうか。無理にやめさせると、ストレスがたまるのでやめましょう。
このように、この癖はだいたいが一時的なものです。これを乗り切ると、乳歯が生えてきて成長を実感できます。日々成長する姿は嬉しいですね。

ページのトップへ