泉州と今治というタオル産地

  1. ホーム
  2. 泉州と今治というタオル産地

泉州と今治というタオル産地

 

どんなタオルを選ぶのかというときに、ひとつの参考としてその産地に注目してみるという方法があります。
日本には伝統ある産地が2か所もあり、ひとつは愛媛県の今治であり、もうひとつが大阪府の泉州地方です。
この2か所でつくられる商品は世界的にも知られているほどの品質の高さを誇っていますから、
自分で使用するのはもちろんのこと、贈り物として差し上げる目的であっても相手の方に満足していただけるような商品といえます。

 

そんな2か所の産地ですが、どちらも同じ製法をとっているというわけではありません。
先晒しという製法を使うのが愛媛県の今治では、先にタオルを作る際に使用する糸を水に晒してから織っていきます。
これを先晒しといいますが、この手法を使うのが今治に対して、大阪府の泉州地方では逆の手法がとられています。
つまりいちど織ってしまってから水に晒すという後晒しという手法が特徴となっています。

 

どちらの地方も、明治時代に海外から伝えられたタオルにいちはやく目をつけ、
製織機を作るところから始まりこれまで長い間職人さんにいよってその伝統が受け継がれてきています。
そんな品質の高い商品を見分けるには、産地を確認するのはもちろんですし、信頼できるロゴマークがあるかどうかを確認してみると良いでしょう。
地元の工業組合からブランドとして認定された品質をそなえているという証明でもありますので、購入するときの良い目印となるはずです。

ページのトップへ